Information

 

タイ古式マッサージは、世代を超えて継承すべきものとして、ユネスコから無形文化財遺産に2019年に認定され、正式に登録されました。
ヨガ・指圧・整体などの流れをくむタイ古式マッサージは、タイの伝統医学の一つです。その歴史は古く、ブッタの主治医だったシヴァカ師が開祖といわれ、約 2500 年前に仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれています。

頭の先からつま先までマッサージをおこなう タイ古式マッサージと他のマッサージの大きな違いは、マッサージの行う箇所にあります。他のマッサージの場合、腰が痛ければ腰、肩が凝っていれば肩など、不調を感じる場所だけに施術をすることも珍しくありませんが、タイ古式マッサージの場合、頭の先からつま先まで、全身くまなくマッサージを行います。これは、タイ古式マッサージでは、全身の筋肉や関節は独立して存在するのではなく、それぞれに密接なつながりがあると考えに基づいているからです。もし肩や腰のトラブルであっても、肩や腰だけでなく、身体のほかの箇所にも原因があるかもしれないため、タイ古式マッサージで施術を行うときには、痛みがある箇所だけではなく全身に対してアプローチを行います。

「セン」を刺激して行う
タイ古式マッサージでは、施術を行うときには指や手のひらだけでなく、ひじやひざ、足など身体の様々な場所を使って身体中の筋肉を刺激していきますが、その際に重要となるのが「セン」と呼ばれるものです。「セン」は、いわば人間の身体の中にあるエネルギーの通り道。この通り道がスムーズに流れているときには人間の身体は健康な状態を保つことができます。しかし、それが滞ると、人間は正常な状態を保つことができなくなります。そのため、「セン」を刺激して滞ったエネルギーを流すことがタイ古式マッサージでは、大変重要になります。

トップへ戻る